八卦茶ブログ

八卦茶とのお出かけ日記です。
三田会アート展

今日は雨のせいか午後4時を過ぎると入場者数が減る。

日時 2011年06月30日 22:43 |

ステッチハウスにて 

ぴおシティはビルが古いため、空調調節が細かくはできないらしい。
従って、B1の店内は結構涼しい。

早くも 今年の春茶2パックが売れたそうだ。

日時 2011年06月29日 23:12 |

冬茶でゼリーを作る

冬茶の2煎目でゼリーを作る。
透明に仕上がりなかなかよい。

蜂蜜をかけて食べる。
とてもあっさりしていてよい。

日時 2011年06月28日 21:17 |

富士山の雪

海岸から見る富士山の雪は急激に減少中。

今日の波は見た目より乗れる。

日時 2011年06月28日 13:03 |

赤トンボ

海からの帰りに赤とんぼ。
写真を撮った直後に自転車の音に驚き飛び去る。

日時 2011年06月27日 18:20 |

市民会館の記念儒

大きな花が咲いていた。
昭和50年代の記念樹。
どんな人たちがかかわったのだろうか。

日時 2011年06月26日 20:58 |



朝のうちはまだ南風が吹く。
雲は秋の空のようだ。

日時 2011年06月25日 18:52 |

水出し烏龍茶

2煎目の急須をそのまま冷蔵庫に入れる。
数時間冷やして飲む。
コクがあってよろしい。


日時 2011年06月24日 20:10 |

強風注意

6月にしては海風の日が続く。
今日も潮風とブレンドの春茶。
なかなかよい。

日時 2011年06月23日 22:14 |

海から上がって春茶を飲む

ほどほどに波があるが人の出足は遅い。
見た目より乗れる波が来ている。

今年の春茶が潮風を触れると香りよろし。

日時 2011年06月22日 19:25 |

茶園

使用許可を得ている茶園のポスターの写真を撮る。

予想よりきれいに撮れてうれしい。

鎌倉山Encuentro用。

日時 2011年06月21日 22:02 |

あんみつ 青梅の甘露煮

鎌倉山EncuentroまでSkypeの不具合修正に行く。
Update版を導入するとすんなり直る。

あまりにあっけなく直ったので、お茶とデザートをごちそうになる。

青梅の甘露煮は本当に傑作だと思う。
いいい相方を得て八卦茶園のお茶が喜んでいるようだ。

日時 2011年06月20日 13:48 |

雨があがる

クローバの葉の上に水滴。

春茶の量と時間を調整中。
冬茶のつもりで淹れると、かなり濃くでる。

量、時間とも冬茶の2/3ぐらいが目安か。

日時 2011年06月19日 19:34 |

備前焼

備前のぐい飲みで春茶を飲む。
この両者は相性がよいようだ。

春茶が強いためかもしれない。

日時 2011年06月18日 21:48 |

雨のあと 紫陽花

紫陽花のピークとなる。
ここ新林公園には人影まばらだが、
名所はさぞかし混んでいるのだろう。

日時 2011年06月17日 22:42 |

梅雨空

海の家の建設がすすむ。
今年の春茶を飲む。
目を閉じて茶園を想う。

日時 2011年06月16日 19:18 |

水出し烏龍茶を作ってみる

春茶の3,4煎淹れた後に水出しにしてみる。
冷蔵庫に一晩いれると、色は1煎目と同じになる。
味はほのかに春茶の雰囲気。

日時 2011年06月15日 22:06 |

ホタルブクロ

片瀬山、西鎌倉、鎌倉山ロータリー、笛田、夫婦池
鎌倉山神社を過ぎたところでホタルブクロが道端に。
なつかしい。
そのまま父の昔の通勤路で稲村ケ崎へ。

日時 2011年06月14日 19:12 |

海岸の紫陽花

海岸からすぐのところに紫陽花。
潮風が当たらないところ。


日時 2011年06月13日 23:01 |

片瀬川沿いの紫陽花

片瀬川左岸の一角の紫陽花がきれいだ。
川岸の紫陽花もよい。

日時 2011年06月12日 21:47 |

紫陽花が季節に追いつく

紫陽花が色づく。
季節に追いついたようだ。

日時 2011年06月11日 21:04 |

貯水池でお茶

片瀬山、西鎌倉、鎖大師切通し、鎌倉山ロータリー、笛田、夫婦池、鎌倉山神社、山道、月影地蔵、馬場ガ谷、貯水池と至る。

さすがに一息入れたくなり、お茶。今日は冬茶。

日時 2011年06月09日 15:58 |

病院から戻ってくる

寝不足で少々くらくらしながら病院から戻ってくる。
市民会館前の昼顔が目に留まる。

日時 2011年06月08日 17:27 |

検査入院

2泊3日で検査入院する。
ベッドで寝間着に着替えるて病院のひとになる。

日時 2011年06月08日 17:25 |

自宅まであと6分

外出から藤沢に戻り、市民会館前で一休み。


日時 2011年06月05日 12:26 |

紫陽花

紫陽花が梅雨に追いついてくる。

場所によってはすっかり色づいているが
全般的にはまだ日にちが必要。


日時 2011年06月04日 19:39 |

つゆ草

派手な花ではないが可憐。

水族館のテラスでは八卦茶園の昨年の春茶。
優劣という訳ではないが、違いは明白。

日時 2011年06月03日 18:53 |

春茶パッケージ

OPP袋を利用してパッケージを作る。
不思議と高級感が出る。

日時 2011年06月02日 18:46 |

春茶と冬茶

左が2011年春茶、
右は2010年から2011年にかけての冬茶。

色は似ているが、香りと味は違う。
通は一見地味な冬茶を好む。

日時 2011年06月01日 23:20 |


八卦茶園

最新の記事

  • 足柄桜
  • 源氏山
  • 鹿嶋神社
  • 河津桜
  • 足柄桜
  • クレーン
  • 鎌倉山ユスラウメ
  • 朝の雲


  • <<   2011年06月   >>

    Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    

    書庫

  • 2019年03月 (17)
  • 2019年02月 (28)
  • 2019年01月 (31)
  • 2018年12月 (30)
  • 2018年11月 (29)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年09月 (30)
  • 2018年08月 (28)
  • 2018年07月 (29)
  • 2018年06月 (26)
  • 2018年05月 (28)
  • 2018年04月 (28)
  • 2018年03月 (31)
  • 2018年02月 (26)
  • 2018年01月 (29)
  • 2017年12月 (30)
  • 2017年11月 (28)
  • 2017年10月 (29)
  • 2017年09月 (24)
  • 2017年08月 (26)
  • 2017年07月 (25)
  • 2017年06月 (24)
  • 2017年05月 (27)
  • 2017年04月 (30)
  • 2017年03月 (28)
  • 2017年02月 (26)
  • 2017年01月 (28)
  • 2016年12月 (30)
  • 2016年11月 (27)
  • 2016年10月 (27)
  • 2016年09月 (30)
  • 2016年08月 (30)
  • 2016年07月 (28)
  • 2016年06月 (30)
  • 2016年05月 (30)
  • 2016年04月 (29)
  • 2016年03月 (30)
  • 2016年02月 (29)
  • 2016年01月 (31)
  • 2015年12月 (27)
  • 2015年11月 (26)
  • 2015年10月 (31)
  • 2015年09月 (31)
  • 2015年08月 (29)
  • 2015年07月 (30)
  • 2015年06月 (30)
  • 2015年05月 (30)
  • 2015年04月 (30)
  • 2015年03月 (31)
  • 2015年02月 (28)
  • 2015年01月 (31)
  • 2014年12月 (30)
  • 2014年11月 (30)
  • 2014年10月 (30)
  • 2014年09月 (30)
  • 2014年08月 (31)
  • 2014年07月 (31)
  • 2014年06月 (30)
  • 2014年05月 (31)
  • 2014年04月 (29)
  • 2014年03月 (30)
  • 2014年02月 (28)
  • 2014年01月 (31)
  • 2013年12月 (31)
  • 2013年11月 (27)
  • 2013年10月 (30)
  • 2013年09月 (30)
  • 2013年08月 (31)
  • 2013年07月 (30)
  • 2013年06月 (30)
  • 2013年05月 (30)
  • 2013年04月 (30)
  • 2013年03月 (31)
  • 2013年02月 (28)
  • 2013年01月 (31)
  • 2012年12月 (29)
  • 2012年11月 (29)
  • 2012年10月 (29)
  • 2012年09月 (29)
  • 2012年08月 (31)
  • 2012年07月 (31)
  • 2012年06月 (30)
  • 2012年05月 (31)
  • 2012年04月 (29)
  • 2012年03月 (31)
  • 2012年02月 (28)
  • 2012年01月 (30)
  • 2011年12月 (29)
  • 2011年11月 (29)
  • 2011年10月 (31)
  • 2011年09月 (29)
  • 2011年08月 (31)
  • 2011年07月 (30)
  • 2011年06月 (29)
  • 2011年05月 (31)
  • 2011年04月 (29)
  • 2011年03月 (27)
  • 2011年02月 (23)
  • 2011年01月 (31)
  • 2010年12月 (32)
  • 2010年11月 (30)
  • 2010年10月 (31)
  • 2010年09月 (30)
  • 2010年08月 (32)
  • 2010年07月 (33)
  • 2010年06月 (35)